塗装豆知識

なぜペンキを塗らないと
いけないのか!
こんな症状が出たら
塗り替え時期
屋根・外壁リフォームを
ご検討中の方

豆知識01 なぜペンキを塗らないといけないのか!

ペンキが必要な理由とは?3つの理由があります。

美観

新築の頃を思い出して下さい。そして今の自宅を見てください。

排気ガスやほこり、雨風の影響で、外壁の汚れが目立ってきたり、色が褪せてきます。
塗り替えによって新築のように綺麗な外壁に生まれ変わります。

いざと言うときの保護

美観も大切だと思いますが、塗り替えにはもっと大切な意味があります。

家は建てた瞬間から強烈な紫外線や、水分、地震や台風といった揺動、酸性雨、大気汚染など絶えず我々の身の安全を守ってきています。
しかし人間と違って自然治癒することはありません。新築してからずっと家を守っていくわけですからやがて外壁のひび割れやサビ、木部の腐りなどの痛みが出ます。放置すれば建物内部へ雨水が浸入し構造部分の老朽化を促進していくからです。

では、地震や台風のときに安心して家にいられますか?
建物は弱い部分から崩れていきます。ひび割れや鉄筋のサビなど身の安全安心を揺るがす原因の一つです。大丈夫だろうと思っている方こそ、雨漏りが起きて慌てふためき大変なことになるのです。

財産を守る

資産価値を上げるも下げるも手入れをするかしないかです。

人が住んでいない家はなぜかすぐにボロボロになります。車でも車検を受けますが家は受けません。誰かが検査や診断をしないと家のことはわからないのが現状です。愛情を注ぎ感謝を込めれば次の世代までしっかり引き継げるでしょう!

このページのトップへ

なぜペンキを塗らないと
いけないのか!
こんな症状が出たら
塗り替え時期
屋根・外壁リフォームを
ご検討中の方

豆知識02 こんな症状が出たら塗り替え時期

こんな症状が出たら塗り替え時期グラフ
カビや汚れ
カビや汚れ

基本的に気にすることはありません。

日に当たらない場所や風通しの悪い場所にはカビは生えてきます。また交通量の多い道路沿いや砂煙がたつ学校の側など黒いラインが出ますが、必ず出ますので気にすることはありません。
見た目が気になるのであれば軽く洗い流して下さい。

ひび割れ
ひび割れ

外壁や目地の部分がヒビ割れの状態や、塗装が剥がれたままの状態にしておくと、外壁が急激に劣化してしまいます。

コンクリート爆裂
コンクリート爆裂

コンクリートの落下により事故が生じる前に補修はしておくべきです。塗り替えをしなくても補修工事のみも行っております。

チョーキング
チョーキング

塗料が劣化している状態です。

手に塗料の粉が付いたら、チョーキングと言われる現象が起きています。すでにペンキの意味を成していないので外壁が水分を吸収している証拠です。

雨漏り
雨漏り

原因の多くはシーリングの劣化やひび割れから雨水がつたってシミが出来たりします。

ペンキの剥離
ペンキの剥離

コンクリートに水分が含み塗装が剥離しています。

特に軒天に多くみられる現象です。コンクリートが中性化へと向かっていますので早めの対処をお勧めします。

防水の劣化
防水の劣化

防水のトップコートは5年に一度は塗り替えをお勧め致します。

遮熱の効果は3年程度でなくなります。5年程度で塗料の意味がなくなりますので一度塗ったから、と言って安心したら大間違いです。トップコートの塗り替えはそんなに費用はかかりませんので、確認してみては?

このページのトップへ

なぜペンキを塗らないと
いけないのか!
こんな症状が出たら
塗り替え時期
屋根・外壁リフォームを
ご検討中の方

豆知識03 屋根・外壁リフォームをご検討中の方

ちょっと待った!!もしかしたらその修理火災保険が適用されるかも!?・申請した結果、保険金が下りる可能性があります。・お見積り等、一切お金はいただきません。・保険証書を手元に持ってお電話ください
火災保険表

台風などで瓦が割れたり、門扉が壊れたり、防水シートがはがれたり、アンテナが壊れたりした場合にもしかしたら火災保険が適用されるかもしれません。

被災の自覚の有無にかかわらず、まずはご相談ください。

施工実績紹介 主な実績をビフォーアフターでご紹介

このページのTOPへ